遺品整理とは?遺品整理の完全ガイドへようこそ!

 

身内が無くなった際に必要になるのが【遺品整理】ですよね。

 

遺品整理とは無くなった方の部屋を片付けること、仕分け、梱包、廃棄物が有る場合には処理をしたり、掃除を行ってくれる総称です。

 

 

特に一人暮らしをしていた方が無くなった場合にはゴミが散乱していたり、自分ではどのように処理をしていいのかわからなくなることも多いと思います。

 

 

またゴミ屋敷のような部屋になっている場合には素人だとゴミが体に入って危険な場合もあります。

 

 

実際問題身内が無くなり、いざ部屋に行くとどこから手を付けていいかも分からず、しばらく放置してしまう人も多いのだとか。

 

 

そうなった場合には部屋の腐敗が進みますし、大切な書類を見つけるのが遅れて損害になったり、何かとデメリットが生じてしまいます。

 

そうならない為にも遺品整理はできる限り早く行い、後回しにしない事をおすすめします。

 

遺品整理のメリット

 

 

遺品整理業者に頼むことで何といっても自分の手間がかかりません。

 

2人ぐらいで遺品整理を行うと半日以上、時間が掛かる場合には2日以上かかり、せっかくの休日が精神的、肉体的にも疲労してしまいます。

 

プロの人だと1日で終わるような整理にも、初めてゼロから行う場合には驚くほど時間がかかります。

 

また物量が多い場合には自分の車だけでは対処しきれずに、結局荷物運び用の車をレンタルしたり、お金がかかります。

 

遺品整理のデメリット

 

遺品整理を業者に頼むデメリットとしては、信用できない危険な業者に依頼すると大切な物を失う危険性もあるということです。

 

遺品整理をしていく中で必ず貴重品が出てくる事になります。

 

金品、売ればお金になる切手、銀行の大切な印鑑など。

 

アルバイトだけで構成されているような業者で、派遣スタッフだけだとどうしても安心して依頼できないこともあると思います。

 

 

実際に業者に依頼して、あるはずのモノが見つからなかったと落胆している方の口コミもネットで見つかりますので、 その点注意が必要だと思いますね。

 

 

遺品整理の相場、費用

 

気になるお値段ですが、大体どの業者でも相場が決まっています。

 

 

部屋の大きさと作業員の人数で値段が変動します。

 

 

1Kで1名の作業員の場合には約4万円前後

 

 

1LDK2名の場合には約6万円前後

 

 

1LDK3名   8万円前後

 

2DK3名 13万円前後

 

2LDK4名 16万円前後

 

3DK5名 約20万円前後

 

4DK 6名 約24万円前後

 

 

このような金額になっています。

 

遺品生理前の買取りがおすすめの理由

 

 

遺品整理の体験談

 

【一人暮らしの祖母が亡くなって退去を迫られたこと】

 

私の祖母は独身の叔母と一緒に賃貸住宅で暮らしていました。

 

 

ほぼ寝たきりの状態でしたが叔母が急死してしまい、一人暮らしになってしまいました。

 

 

私の姉は結婚して母を引き取り、私は子育て中でどちらも遠方に住んでいたので、あまり祖母の面倒を見てあげられませんでした。

 

叔父夫婦が毎日様子を見にくてくれて、訪問看護やヘルパーを利用していましたが、半年もすると体調が悪化して病院に入院したものの、すぐに亡くなってしまったのです。

 

 

祖母の部屋は長い間片付けが満足にできていなかったことから散らかり放題でした。

 

 

しかもオムツを使用していたので部屋の臭気もかなり酷く、簡単に片付けるのは困難でした。

 

 

賃貸ですので早く立ち退かないと家賃がかかってしまいます。

 

 

私も姉も2時間以上かかる場所に住んでいたので、とても部屋の片づけの為に何度も通うことはできません。

 

 

そもそも3Kのアパートに溜まった家具や雑貨は、とても個人で片付けできる量ではありませんでした。

 

そこでまず親戚や親しかった知人に集まって貰い、使えそうなものは引き取って貰うことにしました。

 

 

皆かなり夢中で色々探していたのですが、貴金属などは既に叔父や叔母が持って行った後でしたので、物が減らないばかりかまるで空き巣にでも入られた様な状態になってしまったのです。

 

 

これを片付けることを考えると気が遠くなり、業者にお願いすることにしました。

 

 

まずは市で紹介された不用品の廃棄業者に相談してみたのですが、「遺品の片づけはしてません」と言われました。

 

 

必要なものと不要なものを仕分けしたり、部屋の消毒まではサービスに入っていなかったのです。

 

 

そこで姉と相談して、遺品整理業者にお願いすることにしました。

 

 

【見積もりの時に対応の良かった遺品整理業者】

 

 

とにかく一回見積もりをして貰おうと思い、遺品整理業者に来て貰いました。

 

 

母と姉、私が立ち会ったのですが、やってきたのは意外と若いスタッフでした。

 

 

そのスタッフの名刺には「遺品整理士」という肩書が記載されていました。

 

話を聞いたところ、大切なものはきちんと仕分けしてくれること、買取りが可能なものは値段をつけてくれること、消臭作業までしてくれることが分かり、安心しました。

 

その遺品整理業者はテレビで何度か紹介されているとのことで、その時の様子が載っているパンフレットを見せてくれました。

 

 

祖母はテレビを買い替えたばかりでしたが、どこの家もテレビはあるので残っていました。

 

 

業者はテレビを見ると「こちらは新しい製品ですので買取りが可能です」と言ってくれました。

 

 

その他にも祖母が大切にしていた花器やお皿を見せると「こちらも幾らかお値段がつきますよ」と言ってくれました。

 

 

そして中でも一番処分に困っていたのが大きな仏壇です。

 

 

信仰深かった祖母はかなり大きな観音開きの仏壇を4畳間に置いていました。

 

 

こちらもきちんと魂抜きをして処分してくれて、写真や証明書も送付してくれるとのことで納得できました。

 

 

気になる見積もり料金は16万円、買取り価格を差し引いたもので、相場と言われるの20万円より安かったのと、何よりも応対がはきはきとしていてスムーズでしたので、信頼してお願いすることにしました。

 

 

【一日で済んだ片付け】

 

いよいよ片付け当日になりましたが、私たちはただ側にいるだけでした。

 

 

当日来た業者のスタッフは5人、その中には見積もりの時に来た人もいたので安心できました。

 

 

そのスタッフが一つ一つ品物を見て周囲の人に指示を出し、片付けを勧めて行くのが分かりました。

 

 

片付けていく中で、思わぬ現金や印鑑、真珠のネックレスなどが出てきましたが、スタッフは丁寧に私たちの前に並べて仕分けをしていきました。

 

 

非常にスムーズに片付けは済み、一日ですっきりとした空き部屋になったのです。

 

 

【まとめ】

 

それまでは遺品整理業者というと、何でも屋が片手間にしているサービスだと思っていました。

 

 

しかし実際の遺品整理業者はプロフェッショナルで、応対もしっかりとしているし、作業の手際も非常によく、統率されている集団でした。

 

 

不用品処分、片付け、清掃と別々のサービスに依頼することなくオールインワンで済ませられて助かりました。

 

 

遺品整理の思いで

 

仕事の忙しさを理由にここまで放っておいた私が悪かったのだと思う。

 

 

これで母が亡くなってから3度目の実家。

 

 

<荒れ放題のゴミ屋敷>

 

これでも少しは片付いた方だと自分で自分をほめたが、5部屋もある実家のほとんどはまだ足の踏み場もないほど、ゴミで一杯だ。

 

特にテレビの前のこたつ周辺は手の付けようもないほどいろいろな物であふれかえっている。

 

以前聞いた事があるが、人間、不精になるとひとつの場所にずっと居座り、そこから離れないと言う。そして手の届く範囲に自分の必要な物を置くらしい。

 

 

まさにその通りで生前、母が座っていたこたつの周りにはティッシュペーパーやら湯のみ茶碗やら、はたまたみかんの皮などが転がっている。そして孫の手、これはきっと手の届きにくい物を取るために絶えず横においていたのだろう。

 

ここは今日はムリだ。

 

先週の続きの応接間を片付けよう。そうは思ってみたもののこの調子では毎週毎週、東京から神戸まで通わなければならない。交通費もかなりだが、それよりも時間だ。このペースで行くと何か月かかるかわからない。

 

やはり、プロに頼むか……。

 

 

そう決心して、ならば一気に決めてしまおうと片付けはやめてスマホで遺品整理業者を探した。

 

神戸にもいくつかの業者があった。だいたいの状況を説明し大まかな値段を聞いた。

 

 

どこの業者も50万円前後でしょうねとの事だった。

 

多少の金額の差はこの際、いい。今日、今から見積もりに来てくれる業者、そして電話応対の感じのいい業者を選んだ。いくらなんでも最後ぐらい、母に辛い思いをさせたくない。

 

 

<遺品整理屋さんの親切に感謝>

 

待つ事、小一時間。トラックに乗った業者がやって来た。

 

清潔なユニフォーム姿にほっとした。ひとしきり事情を説明し、念のためおそるおそる値段を再確認した。業者は家をひとめぐりしゴミの搬出から最後の掃除まで含めてちょうど50万円だと言う。

 

急に思い立ったので今は現金がないが後払いで良いかと尋ねると、それでもいいとの事なので早速、作業に入ってほしいと、思ったのだが……。

 

「おひとりですか?」

 

私がこれまで2日もかけてほとんど片付かなかったこのゴミ屋敷をこの人ひとりでは無理だろう。

 

 

「私も手伝います」

 

そう言うと、業者は笑って「いえいえ、スタッフ呼びます。事務所、この近くなんですよ。ちょうど今日は全員、事務所にいますから」

 

 

「助かります」

 

「東京からなら何度も足を運ぶのは大変でしょ。今日中に仕上げますからついでにトラックももう一台、用意します」

 

「ありがとうございます」

 

ほどなくトラックが到着し、そこには屈強な青年が3人。

 

 

まさに、あっという間とはこの事だ。私がダラダラ片づけをしても一向に減らなかった物たちがどんどんとトラックに運ばれていく。

 

そうそう、作業に入る前にこんな事も言ってくれた。

 

「いまどき家具はお金にはなりません。処分でいいですか」

 

「結構です」

 

「あと、ゴミに交じって小銭や貴重品が出てくる事があります。そんな物はすべてこの箱に入れておきます」

 

「お願いします」

 

丁寧な業者を選んで本当に良かった。心底そう思った。

 

<母の形見はなんと……>

 

「お手伝いは無用です。ケガされては困りますから」笑いながらそう言ってくれた業者の作業を私は手持無沙汰で見ている。

 

時折スタッフが「これはいりますか?」と尋ねて来る。「

 

どうせもう使いませんから処分して下さい」その繰り返しの中、

 

一番若いスタッフが古ぼけた写真集を持ってきた。

 

「これは」とそのスタッフが言いかけた時、私は何だか涙が溢れそうになった。

 

全部、舟木一夫のブロマイドだ。母は大の舟木一夫ファンだった。「これだけは東京に持って帰ります」。

 

夕方になり、荷物はすべて家の外に出た。

 

スタッフたちは念入りに拭き掃除をしてくれている。

 

家に帰って舟木一夫のブロマイドを家族に見せた。

 

息子が聞く。

 

「これ、だれ?」

 

「うん、おばあちゃんの、こ・い・び・と」

 

「へーっ」と笑う息子にこっそり心の中でこう言った。

 

『オレみたいに親不孝者になるなよ。ここがゴミ屋敷にならない様に時々、様子、見に来てくれよな』

 

遺品整理とクリーニングを遺品整理業者に依頼

 

私は父を昨年1月上旬に亡くしたのですが、その際に父が一人暮らしをしていた私の生まれ育った実家のクリーニングと父の遺品整理や自宅内の片付け、消臭作業といった遺品整理に関係する作業を遺品整理会社にお願いしました。

 

 

今回は、昨年亡くなった父の事、そして父の死去後に依頼した遺品整理会社の事についてお話をさせていただきます。

 

■認知症で一人暮らしをしていた父が亡くなった時

 

 

私は東京都内の一戸建ての木造住宅で生まれ育ち、23歳になり現在も勤めている化繊紡績の会社に就職する大学生時代まで、都内の実家で父と母、そして私の3人家族で暮らしていました。

 

私が家を出てからは都内の実家は父と母の2人暮らしとなり、以降14年間の間、父は母と2人で何の問題もなく暮らしていました。

 

 

しかし、2012年、父が64歳の時に「レビー小体型」という分類の認知症を発症し母に対して殴る蹴るの暴行を加えるようになったり、母が自分以外の男性と浮気をしていると思い込む、

 

お金を取られたと思い込むなどの妄想症状が悪化し、母は父と一緒に都内の実家で暮らす事が出来なくなってしまいました。

 

 

その為、私は現在私の妻と子供達と暮らしている都内の私達が住むマンションに一旦母を呼び寄せ、母と私、そして妻と子供達で生活を始めました。

 

 

父は都内の実家に1人暮らしをするという形となりましたが、母が突然自宅から居なくなり寂しさからさらに認知症の症状が悪化してしまい、晩年は自宅にこもりっきりの状態になるか、外を徘徊してウロウロするかのどちらかだけの生活状態になってしまったのです。

 

 

その父が、約3年間の認知症患者としての生活を送った後、去年の1月上旬に私がお願いして定期的に父の様子や面倒を見てもらっていた地元のヘルパーさんとデイケア施設のスタッフさんにより、亡くなっている所を発見されました。

 

 

死臭がひどく、遺品整理業者にクリーニングを依頼

 

 

父は実家のトイレで亡くなっていたところを、生前父のお世話をしてくれていた地元のヘルパーさんとデイケア施設のスタッフさんにより発見され、その日の内に私が住む都内の賃貸マンションの電話番号にデイケア施設のスタッフさんから父が死去した事の連絡がありました。

 

 

私はその時丁度関西地方に出張中で家を空けており、代わりに母が都内の実家に戻って父の死を確認する事となり、母はその日の内に都内のかつて自分が40年近く暮らしていた実家に戻り、父の亡骸を確認しにゆきました。

 

 

父は眠るような顔で亡くなっていた、と父の死を確認しに行った母が後に私に話してくれましたが、父が死去した日に母がかつて暮らした私の実家に足を踏み入れたところ、「トイレのような臭い」と「肉が腐った時のような臭い」がしてひどい悪臭が家の中じゅうにたち込めていたそうです。

 

 

父は、認知症でしたが妄想症状が治まっている時は健常な人となんら見分けがつかないほど物事をはっきりと認識する事が出来た状態だったので、地元のヘルパーさんやデイケアのスタッフさんは月に2回だけ父の様子を見に行き、

 

 

状態が悪ければその都度デイケア施設に入所させる、といった方法でお世話してもらっていました。

 

 

この為、おそらく父は12月の中旬もしくは12月上旬にトイレの中で死亡し、そのまま翌月上旬まで発見されなかったのでは、と父の死に際してデイケアのスタッフさんと母が呼んだ警察の方が話していました。

 

 

寒い冬の12月に死去した父でしたが、つけっぱなしのエアコンの暖房が効いた自宅の中で約2週間放置状態だったので腐敗が進んでおり、トイレは赤い水のような血が床中にあふれている状態だった、とヘルパーさんとデイケアのスタッフさんが話してくれました。

 

 

このような状態だった為、私と母では実家のクリーニングは不可能と感じ、インターネットで検索して見つけた遺品整理業者に実家のクリーニングと遺品整理をお願いしたのです。

 

 

遺品整理を頼んだ理由

 

家の中じゅうが排泄物や死臭であふれていた実家を、遺品整理業者にクリーニングを依頼して清掃を行ってもらったのですが、父が暮らしていた私の実家は5LDKの木造3階建てでクリーニングが必要な部屋数も5部屋以上あった為、遺品整理とクリーニングにかかった費用は総額で95万円ほどかかりました。

 

 

当初は遺品整理は私と母で行う予定だったのですが、家の中じゅうがあまりにも父の排泄物だらけ、そしてトイレも血と体液のような水であふれており、すさまじい死臭がたちこめる実家で遺品整理を母と私で行うのは不可能と判断した為、父の遺品整理も遺品整理業者にお願いする事となりました。

 

 

■遺品整理業者を頼んで良いと感じた事とイマイチだった事

 

 

今回、父の死に際して遺品整理業者に実家のクリーニングと遺品整理を依頼しましたが、初めて遺品整理業者を利用して良かったと感じたのは、父の遺品の中に銀行口座の通帳が見つかった時や、父の書斎にあった紙幣の束などを遺品整理業者の方が見つけた時には、その日の内にすべて私の携帯電話に通帳や現金が見つかった事を報告してくれた誠実さでした。

 

 

遺品整理業者のスタッフの方はたとえ小額の紙幣や小銭でお一円単位まできっちりと数えて袋や封筒に入れ、私に現金や通帳を引き渡してくれました。

 

 

あの時は遺品整理業者の仕事とお客様に対する誠実さに驚き、感動しました。

 

 

遺品整理業者に今回遺品整理とクリーニングを依頼してイマイチだった点は、父が亡くなっていたトイレの清掃に今回支払った95万円の内、およそ2分の1にあたる50万円がかかってしまった、という点でした。

 

 

トイレの中はひどい状態だったのでそのくらいの金額は妥当かとも思うのですが、他の清掃業者に清掃を依頼したらもしかしたらもう少し安くなったかもしれない、と感じたのも事実でした。

 

 

ただ、今回は本当に実家のひどかった臭いを遺品整理業者のスタッフの方々に綺麗にクリーニングしていただき、また母が実家に住めるまでの状態に迅速に1週間で戻してくださったのは大変ありがたく、感謝しています。

 

最新情報

2016年9月13日
遺品整理の体験談
遺品整理を依頼!自分で行うと1週間がたったの1日で完結
1、遺品整理業者に依頼に至った経緯     私の祖父は市営のマンションに入居しておりました・・・
2016年9月13日
遺品整理のコラム
祖母との別れ〜孫の私が遺品整理を依頼して感じたこと
今年はじめ、祖母が94歳で他界しました。同じ敷地内とはいえ息子夫婦(私の両親)とは別の家で暮らし、自分のことは・・・
2016年9月6日
遺品整理のコラム
遺品整理を行う場合の注意点と業者利用のメリットとデメリット
遺品整理を行う場合には慎重に   家族や身近な親族が無くなった場合には葬儀告別式を執り行うとともに、・・・
2016年9月6日
引越し役立ちコラム
満足度が高い引越しをする際のポイントと業者選びの注意点
■引っ越しをする場合には費用負担を抑えることが重要   年度の変わり目には引っ越しをする人が増加する・・・
2016年9月6日
引越し役立ちコラム
引っ越し先の新居の家賃交渉方法のポイント!
新しい引っ越し先、特に賃貸住宅での生活を考えるとき、もっとも重要な基準の一つになるのが『家賃』だと思います。 ・・・

遺品整理を依頼!自分で行うと1週間がたったの1日で完結

1、遺品整理業者に依頼に至った経緯     私の祖父は市営のマンションに入居しておりました・・・

祖母との別れ〜孫の私が遺品整理を依頼して感じたこと

今年はじめ、祖母が94歳で他界しました。同じ敷地内とはいえ息子夫婦(私の両親)とは別の家で暮らし、自分のことは・・・

遺品整理を行う場合の注意点と業者利用のメリットとデメリット

遺品整理を行う場合には慎重に   家族や身近な親族が無くなった場合には葬儀告別式を執り行うとともに、・・・

満足度が高い引越しをする際のポイントと業者選びの注意点

■引っ越しをする場合には費用負担を抑えることが重要   年度の変わり目には引っ越しをする人が増加する・・・

引っ越し先の新居の家賃交渉方法のポイント!

新しい引っ越し先、特に賃貸住宅での生活を考えるとき、もっとも重要な基準の一つになるのが『家賃』だと思います。 ・・・

選ぶべきではない引越し業者のポイントを5つ挙げてみる

引越しに慣れていない人も多いのではないでしょうか。そのため、いざ引越しとなった時、何から始めれば良いのか分から・・・

遺品整理の2つの方法とメリット・デメリット!知っておきたいポイント

近年、遺品整理に対しての関心はますます高まっていると言えます。   核家族化や高齢化がその主な要因で・・・

できる限り安く引越し希望!「相見積もり」を取るのが賢い方法

これから引越しをしようと考える人がやるべきことは?     さあ、引越しとなった場合、必ず・・・

引っ越し費用を安くする4つの方法!節約引越し希望の方へ

引っ越しには当然費用はかかるものですが、新しい家で新生活を送るにあたって必要なお金も多い中、引っ越しは出来る限・・・

遺品整理業者を選ぶ際に重要なポイントとなる資格や認可証とは

・はじめに   遺品整理をする際には信頼できる業者に依頼したいものです。   しかしインタ・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ